車検[2018.08.29 UP]

車検の時期は遅らせることができるのか

車に乗るドライバーにとって、避けて通れない重要なもののひとつに「車検」があります。うっかり車検切れのまま公道を走ってしまうと、道路運送車両法により処罰の対象になるので注意しなくてはいけません。もし、忙しくて車検の有効期限までに車検に出せない、車検の費用が確保できない場合など、車検の時期を遅らせることはできるのでしょうか。今回は、車検の時期を遅らせる方法と注意点について解説します。

車検時期を遅らせることは可能

車検時期を遅らせることは可能

結論から言うと、車検時期を遅らせることは可能です。それは、車検が切れたこと自体には何ら罰則はなく、車検が切れたまま公道を走ることが違反の対象となるからです。つまり、車検が切れてしまっても、公道を運転さえしなければ罰則を受けることはありません。万一車検が切れても、スケジュールの余裕がある時や車検の費用が確保できてから車検を受ければいいということです。しかし、車検が切れてしまったら公道を走れないわけですから、車検場などに車を自走して行くことができません。
車検が切れた状態で公道を走行すれば、道路運送車両法違反により、減点や免許停止処分はもちろん、刑事罰として懲役や罰金が科せられてしまうことになります。うっかりと言えども、絶対に公道を走ってはいけません。また、車検が切れるとほぼ同時に自賠責保険も失効すると考えられます。自賠責保険が失効している状態で公道を走行すると、別途、自動車損害賠償保障法違反により、非常に重い罰則規定が設けられています。併せて注意が必要です。

車検の有効期限が切れてしまった車を車検に出す方法とは

では、車検切れの車を車検に出したい時はどうしたらいいのでしょうか。方法のひとつとして「積載車・レッカー車」で運んでもらう方法があります。車検を依頼する業者が積載車の対応をしている場合は、そのままお願いしてもいいでしょう。また、自分で専門業者を探して積載車やレッカー車を手配して運んでもらうことも可能です。ただし、ロードサービスなどでは、一般的に車検切れの車は対象外となっているため、業者を探す時には用途と運搬先を相談するなど、くれぐれも注意してください。他にも車検の有効切れを起こした車に対する救済処置に「仮ナンバー」があります。仮ナンバーは、一時的に公道の走行を認めるものであり、あくまでも車検場や指定整備工場までの移動の手段と考えてください。申請時には移動の目的、走行ルート、日時など詳細を記載する必要があります。ナンバー登録している役場や所轄の陸運支局に申請すれば取得できます。費用は750円程度が一般的なので、レッカー移動に比べて格安です。ただし、自賠責保険の加入が必要となります。

有効期限が切れた状態で車検を出した場合の期限はどうなるか

車検は「車検を受けた時(車検に通った時)」から有効期間が始まります。つまり、車検が切れたあとに車検に出すと、有効期限が先送りにされるということです。期限前に車検に出すと有効期限が前倒しになりますが、先送りになる分には車検切れからの重複期間はありません。しかし、うっかり有効期限切れの車を乗ってしまうリスクがありますので、車検のタイミングをずらす特別な理由がない限り、車検は必ず期限内までに余裕を持って受けるように心掛けましょう。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.