車検[2018.08.29 UP]

車検で委任状が必要なときの条件と委任状の書き方

本来、申請を行う人が何らかの事情で申請を行えない場合、代理人を指名して権限を委任する為の書類である「委任状」。例えば愛車を車検に出す際、自分ではなく他人に依頼する場合「委任状」は必要でしょうか?そんな基本的な疑問に関してお答えします。

車検の時に委任状が必要なケースとは?

車検の時に委任状が必要なケースとは?

車検にはディーラーや整備工場に依頼する代行車検と、自分で行うユーザー車検があります。代行車検の場合、自分で申請するわけではないので委任状が必要かと思われがちですが、車検証、自賠責保険証、自動車税納税証などの必要書類さえ揃えてしまえば委任状は必要なくあとはすべて業者にお任せという形式となります。
委任状が必要なのはどちらかと言うとユーザー車検の方ですが、どちらにしろ、ある一定の条件で委任状が必要となります。

・改造によって用途・サイズ・重量が変更になった場合
・ナンバープレートの破損などで変更があった場合
・車検証の紛失により第三者が再発行手続きをする場合

車になんらかの手が加えられているか車検証などの重要書類を失くしたのでないのであれば特に委任状は必要ない、という事になります。

委任状の書き方

委任状には委任者自ら住所・氏名・使用目的などを書き込みます。委任状は車の整備工場や陸運局で入手できますが、最近はインターネットでダウンロードが可能です。A4サイズの用紙で印刷しましょう。記入する項目は以下の通りです。

・受任者→ 陸運局へ申請に行く人が住所氏名を記入する
・自動車登録番号又は車体番号→車検証に掲載されているナンバーを記入する
・委任者→受任者へ依頼をする人が住所氏名を記入して委任者の実印を押します

ちなみにどのケースの委任状も印鑑が必要となります。名義変更や車検証の紛失の場合は実印が必要ですが、改造による変更、ナンバープレートの変更の場合は認印でも問題はありません。実印を要する場合は別途「印鑑証明」も必要となるので予め取得しておきましょう。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.