ハイブリッド車用(オイル交換)[2018.08.29 UP]

ディーゼル車のオイル交換時期と一般的な費用はいくらくらいなのか

ガソリン車と異なる特徴を持つディーゼル車は、経済性やトルクの太さから根強い人気を持っていましたが、粒子状物質(PM)など環境汚染に繋がる問題を抱えていたため、高回転を必要としないトラックやヘビーデューティー4WD車などを中心に採用されていました。しかし近年、ディーゼル車特有の環境問題をほぼ解決した、パワフルなクリーンディーゼル車の登場によって、ディーゼルエンジンへの注目度は徐々に高まりつつあります。そのため、これからディーゼル車の購入を検討しようと考えている方も多いのではないでしょうか。例えば、非常に基本的なことですが、オイル交換に関してはガソリン車とディーゼル車では異なる点があります。購入を検討する際には、そのような基本的なことを把握しておくとよいでしょう。そこで今回は、ディーゼル車のオイル交換時期と一般的な費用について解説します。

一般期なディーゼル車のオイル交換時期の目安はどれくらい?

一般期なディーゼル車のオイル交換時期の目安はどれくらい?

ディーゼル車は軽油を燃料としていますが、その軽油には硫黄成分が多く含まれています。そのため、ガソリン車よりもオイル交換は、頻繁に行う必要があります。ディーゼル車のオイル交換の目安としては、通常の使用状態なら10,000キロもしくは1年、悪路走行やアップダウンの多い地域など、エンジンに負荷がかかる走行が多い場合は、5,000キロもしくは半年と言われています。しかし、これはあくまでも目安です。できるだけこまめに点検して、早めの交換を心がけることが大切です。オイル交換費用は、交換容量とオイルのグレードにもよりますが、概ね3,000円~12,000円程度が目安となります。

オイル交換をしないとどうなるのか

オイルは走行することや経年により、汚れや酸化でオイルが劣化していきます。そうすると、エンジン内部の潤滑性が落ち、異音の発生やパワーダウン、燃費が悪くなったりします。さらに劣化が進んだり、オイル量が減少すると、エンジン内部の部品が磨耗したり損傷に繋がる場合があります。最悪の場合はエンジンが焼き付いてしまうことさえあります。焼き付いてしまったエンジンは修理できないため、エンジンを交換するか車を買い換えるしかありません。このようなことにならないように、オイル交換は適切に行うようにしてください。エンジンオイルは、車を走らせていなくても酸化等によって徐々に劣化していきます。近所への買い物程度しか車を使わない場合、距離だけでオイル交換の時期を判断することなく、定期的に整備工場や専門店などでオイルの状態を判断してもらうようにしてください。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.