ガソリン車用(オイル交換)[2018.08.29 UP]

オイルフィルターを自分で交換する場合の注意点

オイルフィルターは、形状を見る限りは、比較的交換が簡単にできそうに見えるパーツです。しかし、実際に自分で実行する場合は、どのような点に注意すればいいのでしょうか。オイルフィルターの交換は、簡単そうに見えても、実際は意外と注意しなければいけない点が多いようです。そこで今回は、オイルフィルターを自分で交換する場合の注意点について解説します。

オイルフィルターは自分で交換できる?初めてでもすぐできる?交換する時に特別な道具は必要?

オイルフィルターは自分で交換できる?初めてでもすぐできる?交換する時に特別な道具は必要?

オイルフィルターの交換は、基本的には自分でも行うことができます。初めての人でも、工具を使った作業が比較的得意な人であれば、問題なくできるはずです。特別に必要な道具としては、古いオイルフィルターから出てきた廃油を処分するためのゴミ袋等(廃油専用のもの)、オイルフィルターレンチ(オイルフィルターの取り外し、取付に必要。数種類サイズがあるので、きちんと調べて入手してください。)、リジッドラック(ジャッキアップした車をしっかり支えるのに必要です。「うま」とも言います。)、パーツクリーナー(いろいろな所に付着したエンジンオイルを除去するために必要です。)などが必要となります。

オイルフィルターを交換する際に気をつけたい注意点とは?

交換する際に注意しなければいけない点としては、以下のようなことが挙げられます。

安全確保

作業はジャッキアップして行いますが、リジッドラック(うま)などでしっかりと車を支えて、安全を確保して作業してください。

廃油処理方法の確保

オイルフィルターから、結構な量の廃油が出てくることがあります。廃油の処理の規則は自治体ごとに異なると思いますので、きちんと確認しておいてください。廃油は必ず適切な方法で処理してください。

オイルフィルター取付面の清掃

車体側のオイルフィルター取付面をきれいにしておきます。

オイルフィルターの取付

オイルフィルターを取付ける際に、O-リング(ゴムパッキン)部分に少量のエンジンオイルを塗布しておきます。これを行うことによってオイルフィルターの気密性を高め、オイル漏れの可能性が低くなります。オイルフィルターを取付ける際は、規定トルクを守って取付ける必要があります。規定トルクは、オイルフィルター本体か、取扱説明書等に記載されています。また、取付ける際には、まっすぐに慎重に装着してください。無理に斜めのまま装着しようとするとネジ山を崩すことになり、オイル漏れの原因となります。

パーツクリーナーで清掃

オイルフィルターの周囲についたエンジンオイルなどの汚れを、パーツクリーナーできれいに落としておきます。

オイルフィルターの交換は、きちんと手順を守れば自分で行うことは可能ですが、特殊工具を使ったり、ジャッキアップしての作業など、慣れていない人にとってはかなり面倒な作業となります。また、通常はオイル交換と同時に行う作業で、オイルまみれになる恐れもあります。そのような作業があまり得意ではない場合は、専門家に作業を依頼することをおすすめします。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.