ガソリン車用(オイル交換)[2018.08.29 UP]

オイルフィルターの純正と社外品では効果に違いはある?

オイルフィルターは、自動車メーカーの純正品以外にも数多くの社外品が販売されているパーツです。社外品のオイルフィルターは、価格的に安い製品も多いため、純正のオイルフィルターの価格差を考えると気になる方も多いでしょう。オイルフィルターは、価格の安い社外品を使用しても問題ないのでしょうか?そこで今回は、オイルフィルターの純正と社外品の効果の違いなどについて解説します。

オイルフィルターの純正と社外品で、効果に違いはあるか?

オイルフィルターの純正と社外品で、効果に違いはあるか?

純正と社外品のオイルフィルターは、同じレベルのオイルの汚れを除去する性能を持っていると考えられます。しかしながら、両者を比較すると完全に内部のろ過フィルターのサイズや構造が同じという訳ではないようです。一般的に価格は社外品の方が安いため、費用対効果を考えるとどちらがいいかはケースバイケースと言えます。例えば、オイルフィルターの交換サイクルが、一般的な指標とされているオイル交換2回ごとに1回(走行距離20,000キロ前後)なら純正品、オイル交換のたびにオイルフィルターも交換する(走行距離10,000キロ)なら価格の安い社外品という使い分けもできることでしょう。

純正よりも社外品の方が高額のものがあるって本当?

社外品のオイルフィルターの中には、純正品より品質を高めた高額なものもあります。この高品質なオイルフィルターは、主にエンジンの性能や耐久性を高めるために高品質なエンジンオイルを使っている場合を想定した製品です。万一、オイルフィルターに目詰まりを起こした時など、オイルが流れる際の抵抗が必要以上に高まると、リリーフバルブが開いてフィルターを通さずにオイルがバイパスする仕組みを持っているなどの特徴を持っているタイプがあります。そのため、高品質なオイルフィルターは、単にフィルターの目を細かくして、ろ過性能を向上させているのではなく、特殊な素材を使ってオイルの流れはしっかり確保しながら、細かいダストまで吸着するという、汎用品にはない特徴を持っているものもあります。社外品のオイルフィルターを使う場合は、粗悪品を購入しないように注意する必要があります。カー用品店などしっかりした場所で購入する場合は、機能を十分にチェックしているはずなので心配ありませんが、通販で購入する場合はよく商品を確認してから購入するようにしてください。オイルフィルターの本来の役割であるオイルの不純物がしっかりろ過できる製品であれば問題ありませんが、自分で判断がつかない場合は、専門家に確認するなどして購入することをおすすめします。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.