ガソリン車用(オイル交換)[2018.08.29 UP]

ミッションオイルの種類と失敗しない交換方法について

ミッションオイルの交換頻度は、普通に運転している場合、数年に一度交換するかしないか程度に過ぎません。そのため、ミッションオイルの交換は見過ごしがちになってしまいます。そこで今回は、ミッションオイルの種類と失敗しない交換方法について解説します。

ミッションオイルを交換しないとどうなるのか

ミッションオイルを交換しないとどうなるのか

自分で積極的にシフトチェンジをするMT(マニュアルトランスミッション)車の運転を好む人は、シフトチェンジの感覚を大切にしている人がほとんどでしょう。ところが、ギアが磨耗してトランスミッション内に金属粉が溜まったり、長期間の使用でミッションオイルが劣化してくると、ギアの入りが悪くなったり、ギアの磨耗や異音の発生などの不具合が発生する可能性が高まってしまいます。そうなると、当然ながらドライブフィールは悪化します。

ミッションオイルを交換する時の流れと注意点

ミッションオイルの交換は、以下のような手順で行います。

1.車体をジャッキアップし、ミッションオイルケースの側面上部にあるフィラーボルトを外します
2.ミッションオイルケース下部にあるドレンボルトを外し、古いオイルを抜き取ります
3.古いオイルがすべて抜けたら、ドレンボルトを締めます(この際ドレンワッシャ、ドレンパッキンは新品を使用してください)
4.フィラーボルトの穴から新しいオイルを入れます

ジャッキアップして作業をすることになるので、車がしっかり安定していることをよく確認して作業するようにしてください。ジャッキスタンドなどでしっかりと固定し、安全に作業を進めてください。

ミッションオイルにはどんな種類や特徴があるのか

ミッションオイルには、米国石油協会(API)が定めたGL規格があります。GL規格は、GL-1~GL-6までの6等級に分かれていますが、等級の違いは粘度により分類されています。GL-1とGL-2は乗用車には向いていないため使われません。現在、一般的に使われているミッションオイルの等級は、GL-3、GL-4に分類され、以下のような特徴があります。

GL-3

中程度の負荷条件向けオイルで、ミッションオイルとして純正指定されることが多い等級。

GL-4

軽い負荷から重い負荷まで幅広く対応できるオイルで、ミッションオイルの他にディファレンシャルギア用やステアリングギア用のオイルとして使われます。

つまり、トランスミッションの寿命や機能を考えると、自分の車に最適な粘度のオイルを選ぶ必要があります。オイルの粘度の指定は車に付属する説明書に明記されているので、粘度を確認した上で、メーカー指定の粘度のミッションオイルと交換してください。ミッションオイルの交換は、慣れていれば自分でも行うことができますが、抜いたオイルからトランスミッションの状態を探るためにも、できるだけ整備工場などに持ち込んで専門家に相談して交換することをおすすめします。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.