ガソリン車用(オイル交換)[2018.08.29 UP]

エンジンオイルの量の目安と測り方・見方

ついつい人任せにしてしまうエンジンオイルのオイル交換。定期的に交換しているつもりでも、人任せにばっかりしてしまうと、自分の目でオイルコンディションを確認するという機会がなくなってしまいます。たまたまオイル交換を依頼した場所で多めに入れられてエンジントラブルになる、なんてケースも少なくありません。自分でセルフケアできるエンジンオイルの量と目安と測り方・見方をご説明します。

エンジンオイルの適正量とは?

エンジンオイルの適正量とは?

エンジンオイルの適正量はオイルゲージのHとLの真ん中ぐらいが望ましいとされています。少ない分には足す事で補えますが、問題は「多く入れ過ぎた時」です。オイルを多く入れ過ぎていい事はありません。なぜなら、オイル量が多いとオイルが回ってはいけない場所にオイルが侵入し、エンジンに負荷をかけてしまうからです。エンジンの上の部分には、オイルが侵入するとトラブルを起こしてしまう部品もありますし、ガソリンの燃焼室にオイルが混ざると白煙を噴き上げてしまいます。オイルは必ず適正量を入れるようにしましょう。あまり関心できない業者では、少しでもオイルを多く売ろうと多めに入れるケースもあります。初めてオイル交換を依頼する所などではオイル量を適正にするよう予め告げておくことも重要です。

自分の目で確認できるエンジンオイルのチェック方法

オイル量が適正かどうかは、車のオイルゲージでセルフチェックする事が可能です。オイルゲージでは、エンジンオイルの量の確認と、オイル汚れをチェックできるので定期的にチェックする事により、エンジンオイルの量が適正か、オイルは汚れていないかを意識して車に乗るようになれます。 オイルゲージのチェック方法は以下の通りです。

車を平坦な場所に停車する

平坦な場所でないと正確に計測する事ができません。

ボンネットを開けてオイルレベルゲージを探す

オイルレベルゲージはオレンジ色などの目立つ色をしているのですぐわかります。人の手が届きやすい位置にあるのも特徴です。

オイルレベルゲージを引き抜いて白い布やキッチンペーパーで挟んで引き抜く

オイルレベルゲージは薄い板や棒でできているので、挟んで引き抜くと抜きやすいです。

オイルレベルゲージの2本のラインでオイルの量を確認する

オイルレベルゲージの2本のラインは上が上限を意味し、下は下限を意味します。上限以上なら入れ過ぎ、下限以下ならオイル不足と、ひと目で分かる仕様となっています。

チェックをしたらオイルレベルゲージを根元までしっかり差し込む

中途半端に戻すとオイル漏れの原因となりますので、元あった状態までしっかり差し込みましょう。オイルが汚れているかどうかを確認するには、白い布などにオイルを少したらすと色や不純物などで状態が分かります。オイルチェックはオイル交換時期だけでなく、オイル交換をしてもらった後も念のため自分でチェックするようにすると、その業者が適正にオイル交換をしてくれたかどうかわかるのでおすすめです。セルフチェックのクセを付けて、適正なオイルコンディションで車を楽しみましょう。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.