ガソリン車用(オイル交換)[2018.08.29 UP]

車のオイルの「デフオイル」と「エンジンオイル」の違いとは

オイル売り場へ行くと、エンジンオイルでなないオイルの缶が並び、車に詳しくなければどれがどれやらサッパリ分からなくなってしまいます。ここでは駆動系の潤滑に欠かせない「デフオイル」について見ていきましょう。

「デフオイル」とは?

「デフオイル」とは?

車がカーブを曲がる時、その構造上、内輪と外輪のタイヤの回転に差が生じますがこの回転差を相殺するためにデファレンシャルギアという差動装置が存在します。デファレンシャルギアはラジコン車やミニ四駆などにも必ずついているほど重要な部品です。デファレンシャルギア内で使われているオイルを「デフオイル」と呼んでいます。

「デフオイル」と「エンジンオイル」の違いについて

一般的に聞く「エンジンオイル」とは、エンジン内部を循環してエンジンを正常に保つ役割があります。エンジンオイルが部品の間を潤滑して、金属の摩耗を減らし、エンジン内部の清掃も行ってくれます。エンジン内部のみを循環するのがエンジンオイルとなり、「デフオイル」はデファレンシャルギアを正常に動かすようサポートするためのオイルです。前輪駆動車、後輪駆動車、それぞれでデファレンシャルギアの位置が違い、デフオイルの活躍の場も違ってきますが、車の足にあたる部分にとって重要なオイルであることは変わりありません。エンジンオイルが比較的粘度が低いオイルなのに対し、デフオイルは粘度が高いという特徴もあります。エンジンオイルとデフオイルでは、このようにオイルそのものの特徴にも違いがあります。

「デフオイル」は交換が必要か?

エンジンオイルと言えば「オイル交換」ですが、デフオイルにも交換は必要なのでしょうか?デフオイルもオイルである以上「酸化による劣化」は避けられません。そのため、デフオイルもエンジンオイル同様交換する必要があります。デフオイルの交換時期は年数だと約2年、走行距離では平均で約50,000kmが目安とされています。走行距離が少なくても2年以上経過していれば交換をおすすめしますし、カーブが多い道や曲がり角が多い道を良く走行する車なら、もう少しマメに交換する必要もあります。デフオイルを交換しないと燃費が悪くなったり、ひどくなると走行時に異音が発生することもあります。中古車を買った場合は、デフオイルが劣化している可能性があるので、なじみの整備工場などで点検をしてもらい、劣化していたら交換する方が安全です。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.