ガソリン車用(オイル交換)[2018.08.29 UP]

エンジンオイルの廃棄方法とは【新聞紙・固める・ガソリンスタンドなど】

自分でエンジンオイルを交換する時、車から出てくる真黒いドロドロの液体…。ガソリンは消費してしまいますが、オイルは「交換」するものなので、新しいオイルに交換すると、手元に古いオイルは残ります。この廃オイル、一体どのように処理したらいいのでしょうか?

エンジンオイルの廃棄方法の今と昔

エンジンオイルの廃棄方法の今と昔

その昔、エンジンオイルの廃棄方法は今よりもっとアバウトでした。「新聞紙に吸わせて銭湯に持ち込む」や「廃油ストーブでリサイクルする」という手法もありました。銭湯の場合はオイルを吸わせた新聞紙を燃料とする為に、銭湯側で喜んで引き取ってくれたそうです。廃油ストーブは主に整備工場でオイル交換をした際に出た大量の廃油を処理する為に開発されたものですが、エコの観点から現在では使用するところは減っています。現在のエンジンオイルの廃棄方法は、ガソリンスタンドへの持ち込みか、廃油処理箱での処理が主流となります。

エンジンオイルの廃棄方法と注意点

では、現在行われているエンジンオイルの廃棄方法とその注意点をご説明します。

オイルを購入した店舗で引き取り

エンジンオイルを購入した店舗のレシートと取っておけば、購入した店舗で廃オイルを引き取ってもらえる場合があります。ただし、店舗によっては引き取りが有料だったりする場合もあるので、購入時に廃オイルについての問い合わせをしておくことをおすすめします。

ガソリンスタンドで引き取り

エンジンオイルは廃重油としてリサイクルできるので、ガソリンスタンドで引き取ってもらえます。基本的に4Lまでは無料となるケースがほとんどのようですが、一概には言えないので、引き取ってもらう前に確認した方が良いでしょう。廃油を入れた缶ごと引き取ってくれるところもあれば、中身だけ引き取るところなど対応は様々ですが、廃油処理に関して一番確実に引き取ってもらえる施設です。なじみのないスタンドなら必ず問い合わせをして、回収可能か聞いてから持ち込むのが常識です。また、オイル交換などを実施していないセルフガソリンスタンドなどは、廃油を回収するタンクを備えていないので、廃オイルを持ち込む事はできませんので注意しましょう。

廃油処理箱で固める

ホームセンターやカー用品店などで販売されている廃油処理箱は、箱の中にビニール袋とスポンジのような吸着剤が入っており、オイルを直接受け止めて固める仕様になっています。一つ数百円で販売されていますが、自治体によっては産業廃棄物扱いとなって回収できないところもあるので、使用する前に自治体のごみ収集センターで確認する事が必要です。一度廃油処理箱にオイルを吸わせてしまうと「廃油」ではなくなってしまうので、ガソリンスタンドなどでの回収が不可能となってしまいます。廃油処理箱は手軽に利用できるので便利ですが、一歩間違えると処理に困る産廃を生産してしまう恐れがあるので、必ず自治体に確認してから利用して下さい。
エンジンオイルの交換は、プロの整備士ではなくても、車のメンテナンスに慣れている方であれば、比較的手軽にDIYで行うことができる反面、エンジンオイルの廃棄方法については主だった決まりがないのが現状です。オイルを店舗で購入する場合は、店員さんに処理方法も一緒に聞いておくことがおすすめです。またネットでオイルを購入する場合は、自治体での廃油処理についても調べておきましょう。連絡もなしにガソリンスタンドへ持ち込んだり、廃油処理箱を不法廃棄などするのはもってのほかです。DIYをするならば、最後まで責任を持って行うのがマナーです。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.