ガソリン車用(オイル交換)[2018.08.29 UP]

エンジンオイルを安く交換するにはどんな方法があるのか

エンジンオイルは、エンジン内を巡り潤滑し、燃焼時の燃えカスを取り込んで不純物を取り除き、エンジン内部を清浄に保つ役目を持っています。エンジンオイルは走行距離とともに劣化してゆくので定期的な交換が必要になりますが、もちろん費用が発生します。エンジンオイルを安く交換するにはどんな方法があるのでしょうか?

どんな時にエンジンオイルを交換するか?

どんな時にエンジンオイルを交換するか?

エンジンオイルの交換目安は、ターボのないエンジンで10,000km、ターボエンジンで5,000km走行毎と言われています。10,000kmと言っても、車に乗る頻度や走行する路面、その土地の気候など条件が一律ではないので、エンジンオイルの交換のタイミングは、車検前が分かりやすいのでおすすめです。エンジンオイルを交換しないとオイルが汚れ、濾過機能が失われてしまいエンジンの故障につながるので、オイル交換は定期的に行う必要があります。

エンジンオイル交換をしてくれる所とその特徴

エンジンオイルの交換費用の内訳は工賃+オイル代となっています。この他にオイルエレメント(フィルター)の代金が含まれる場合もあります。エンジンオイルを交換してくれる場所とその特徴は以下の通りです。

自動車メーカーのディーラー

常に純正品を取り扱うディーラーは純正品のオイルを使用する分値段も高いですが、整備士の腕も信頼できるため他に予防的なトラブルを発見してもらえる可能性があるというメリットがあります。ディーラーの場合はオイルエレメントも一緒に交換する事が多いので、オイルエレメント代を含めると多少高くなります。ですが特に新車購入からのオイル交換ならディーラーへお任せするのがおすすめです。

町の整備工場

ディーラー同様、整備士がオイル交換をするので安心してお任せできます。値段は、エレメント込みでもディーラーよりも安いことが多いです。昔からなじみの整備工場などの場合はもう少し安くしてもらえる可能性もあります。初めてお願いするところは敷居が高いと思われがちですが、飛び込みではなく一度電話で問い合わせをするときちんと対応してもらえます。

カー用品店

大手チェーンのカー用品でオイル交換することができます。オイルの質により価格に幅があるので、グレードの高いオイルを入れるとその分値段は高くなります。カー用品店で実施しているオイル交換会員などになると一定の年会費だけでもっと安くオイル交換をする事が可能です。ただし店舗によっては整備士の質にバラつきがある場合があるので口コミなどのチェックが必要です。

格安車検チェーン

当日車検などを実施する格安車検チェーンなどでもエンジンオイルを交換してもらえます。開店キャンペーンやアニバーサリー企画などでオイル交換サービスを売りするところなどもあります。

エンジンオイルを安く交換する方法

ディーラーで純正品のオイルを交換する以外で、エンジンオイルを安く交換するコツは「オイルの価格」です。ディーラーや町の整備工場ではオイルの選択肢がなく、どうしても格安というわけにはいきません。少しでも安く済ませたいならオイルを選べるカー用品店や格安車検チェーン店など、自分でオイルを選んでオイル交換をするスタイルの店舗がおすすめです。店舗や工場にお願いする前に必ず見積もりをとって比較しましょう。損をしない為にも良心的な店舗を見つけることが、お得にエンジンオイルを交換するポイントとなります。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.