サスペンション・足回りパーツ取付[2018.08.29 UP]

車のハブベアリングのグリスアップ(グリス交換)について

ハブベアリングは、ホイールと車体が接続される部分にある部品のひとつです。タイヤと一緒に回転するため、ハブベアリングには潤滑のためのグリスが封入されており、重要な役割を果たしています。このグリスが劣化すると、ハブベアリングの不具合につながることがあるため注意が必要です。そこで今回は、ハブベアリングのグリスアップ(グリス交換)について解説します。

ハブベアリングのグリスアップ(グリス交換)をすることの効果・メリットとは?

ハブベアリングのグリスアップ(グリス交換)をすることの効果・メリットとは?

ハブベアリングをグリスアップすることによる効果・メリットとしては、交換前の車(ハブベアリング)の状態にもよりますが、次のようなものが考えられます。

・ハブベアリングからの異音が軽減する
・タイヤ・ホイールがスムーズに回転し、走行抵抗が低減し燃費が良くなる

ただし、各症状だけを見ると単純にはハブベアリングのグリスの劣化とは、なかなか判断は難しいと言えるでしょう。

ハブベアリングのグリスアップ(グリス交換)の時期ってあるの?

ハブベアリングは、それほど頻繁(ひんぱん)に不具合を起こす部品ではありません。乗り方や車種によっては、10万キロ以上まったくグリス交換しなくても、何ら問題が起きない場合もあります。したがって、ハブベアリンググリスの交換時期というのは特に決める必要はありません。異音や振動などの不具合が出た時に、できるだけ速やかに対処して交換すれば、何ら問題はないと言えます。また、最近の車種は圧入タイプになっているケースが多いので、この場合は特に交換時期は指定されていないようです。

ハブベアリングのグリスアップ(グリス交換)の方法・流れとは?

ハブベアリングのグリスアップは、以下のような手順で行うことができます。

1.ジャッキアップして、タイヤを外し、ベアリングを外す
2.外したベアリングを丁寧に洗浄し、古いグリス、油分、汚れを完全に落とす
3.新しいグリスをベアリングに充填する
4.オイルシールも新しくして、もと通りにベアリングを組み付ける

ハブベアリングのグリスアップは、上記のような手順に沿って自分で行うこともできますが、ベアリングの洗浄や新しいグリスの充填など、慣れていないと難しい作業もあります。また、グリスは指定された粘度のグリスを使う必要があります。そのため、グリスアップ作業はできるだけ専門家に依頼することをおすすめします。最近では、ハブベアリングのグリスアップができない車種(乗用車)が増えています。そのような車種に乗っている場合は、不具合が起きた際にはハブベアリング自体を交換することになります。ハブベアリングは車の安全走行のためにも需要な部品です。そのためにもハブベアリングが交換できるのかどうか、事前に調べておいた方がいいかもしれません。また、自分の車のハブベアリングからガタつきや異音がした際は、速やかに修理工場などの専門家にみてもらうことをおすすめします。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.