サスペンション・足回りパーツ取付[2018.08.29 UP]

車のドライブシャフトの歪みや折れる原因と破損しないための注意点とは

ドライブシャフトは車の底面にあるパーツであるため、普段まず見ることがありません。しかし、極めて重要な役割を担っており、ドライブシャフトが歪んだり、折れたりすることによって車が安全に走行できないばかりか、最悪走行できなくなることさえあります。そこで今回は、ドライブシャフトに歪みが出たり折れたりする原因と、破損しないための注意点について解説します。

車のドライブシャフトの役割とは

車のドライブシャフトの役割とは

ドライブシャフトは、FF(前輪駆動)車なら前輪と差動装置の間に、FR(後輪駆動)車なら後輪と差動装置の間についているパーツです。エンジンが生み出す動力を駆動輪へと伝える重要な役割を担っています。車が走行している間は、常に回転しているだけでなく車が路面から受ける衝撃や、ハンドルを切ったときなど駆動輪の位置が変わっても動力を伝え続ける必要があるため、車輪側と車体側のジョイント部が可動する仕組みになっています。

ドライブシャフトが壊れる(折れたり歪んだり)とどうなるのか

万が一、ドライブシャフトが歪んでいる場合は、エンジンからの動力が車輪まで伝わりにくくなり、走行が正常にできなくなることもあります。歪みの程度にもよりますが、ほとんどの場合は安全に走行するためにも交換修理する必要があります。ドライブシャフトが折れてしまった場合は、エンジンからの動力を車輪にまったく伝えることができなくなるため、走行不能になってしまいます。この場合は自走ができなくなるため、何らかの手段で修理工場やディーラーへ移動し、交換修理が必要となります。

ドライブシャフトに異常が出た時の特徴とは

ドライブシャフトに何らかの異常が出た場合、もっともわかりやすい特徴として、異音や振動の発生が挙げられます。FF車の場合、ステアリングを切った時に足回り近辺から「カタカタ」というような異音が聞こえることがあります。この段階で素早く対処すれば、走行不能になるような大きな故障となることを防げる可能性があります。できるだけ早く整備工場に持ち込むようにしてください。もし、直進している時に異音がしたり、足回り付近からの振動を感じたりした場合は、ドライブシャフトの状態がかなり悪い状態であることが予想されます。最悪の場合は、ドライブシャフトが折れて走行不能になることもあるため、速やかに整備工場までレッカー車移動するなりして対処するようにしましょう。

ドライブシャフトの交換は自分でできるのか

ドライブシャフトの交換は、交換に際しての専門的な知識や、ジャッキスタンドなどの必要な工具類が揃っていることなど、条件が揃えば自分で行うことも可能です。しかしながら、エンジンが生み出した動力を車輪に伝えるという走行上極めて重要なパーツであることを考えると、やはり専門家に任せた方が安全と言えます。ドライブシャフトの故障は多くの場合、ドライブシャフトブーツが破れたことが原因となって発生します。ドライブシャフトブーツはゴム製であるため、比較的破れやすく、消耗部品です。できるだけこまめに点検することをおすすめします。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.