サスペンション・足回りパーツ取付[2018.08.29 UP]

車のドライブシャフトブーツからオイルやグリスが漏れる原因・対策と交換時期について

車のドライブシャフトからオイルやグリスが漏れることがあります。この症状が出た場合、すぐに対処すれば大きな問題にはなりませんが、そのまま異常を放置していると車が走行できなくなるような事象に発展することもあるため注意が必要です。そこで今回は、ドライブシャフトブーツからオイルやグリスが漏れる原因・対策と交換時期について解説します。

ドライブシャフトブーツとは

ドライブシャフトブーツとは

車にはドライブシャフトというパーツがあります。このドライブシャフトというのは、エンジンが作り出した動力を車輪へと伝える回転軸パーツで、FF(前輪駆動)車なら前輪と差動装置の間、FR(後輪駆動)車なら後輪と差動装置の間についています。エンジンの動力を車輪に伝えるという役目から想像できる通り、走行中は常に回転している上、路面の凹凸から受ける衝撃や、ハンドルを切ったときなど駆動輪の位置が変わっても動力を伝え続けねばならず、車体側と車輪側、双方の接続部分が可動するようになっています。このドライブシャフトの可動する接続部分にはグリスが抱合されてあり、そのグリスが激しい動きで飛び散ったり、乾いたりしてしまわないようにゴム(あるいは樹脂)でできた蛇腹状のパーツで覆っています。このパーツがドライブシャフトブーツです。またドライブシャフトは、激しく動くだけでなく車体の底面に位置しているため、路面から跳ね上がる飛び石や土埃などから保護する必要があり、その役目もドライブシャフトブーツが担っています。

ドライブシャフトブーツからオイルやグリスが漏れる原因とは

ドライブシャフトブーツは、ゴム(あるいは樹脂)製品であるため、どうしても経年劣化し、最終的には破れてしまいます。また、悪路を走行したり、ハンドルの据え切りや急カーブを繰り返すなどの運転をすると、劣化が進み、通常より早く破れてしまうこともあります。いずれにしても、ドライブシャフトブーツが破れることによって、オイルやグリスは漏れてしまうというわけです。

ドライブシャフトブーツの耐用年数と交換時期について

ドライブシャフトブーツの耐用年数の目安は、一般的に5年、走行距離で7万から10万キロと言われています。基本的には定期点検時にきちんと確認し、劣化が見られた場合に早めに交換するという対応で問題ありません。ただし、車高を落としていたりタイヤに過度なキャンバー角をつけていたりすると、余計な負荷がかかることによって破れてしまうことがあります。カーブする時などに、ドライブシャフトあたりから「コトコト」という異音が聞こえてきたら、ドライブシャフトブーツが破れて接続部のグリスが乾き始めている可能性が疑われます。早めにドライブシャフトブーツの点検するようにしてください。ドライブシャフトブーツは消耗品なので、長く同じ車に乗っていればいつかは交換しなければならないパーツと言えます。ドライブシャフトブーツを長持ちさせるためには、悪路をあまり走行しないことや、駐車する際などにできるだけ据え切りを多用しないことが有効です。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.