サスペンション・足回りパーツ取付[2018.08.29 UP]

ローダウンスプリングと車高調整式サスペンションの違い

車高を下げる事で、安定した走行性能と見た目のフォルムを大きくカスタマイズする事ができます。そのためには「ローダウンスプリング」もしくは「車高調整式サスペンション」を使用して車高を下げるのが一般的です。しかしながら、その違いまでは車のカスタマイズに精通した方でないと、なかなかわからないのはないでしょうか。ここでは、ローダウンと車高調整式サスペンションは何がどう違うのかについて見ていきましょう。

ローダウンスプリングとは?

ローダウンスプリングとは?

ローダウンスプリングは、車高を低くするために交換するバネの事を指します。基本的にバネのみを交換し、その他のサスペンション構成は純正のままで使用する事が多いようです。これに対して車高調整式サスペンションとは、スプリングだけでなくショックアブソーバーなど一式セットで交換するものがほとんどで、メーカーごとの特色が出るカスタマイズパーツと言えるでしょう。

ローダウンスプリングのメリット

ローダウンスプリングのメリットは、まず車高調整式サスペンションに比べて安価で組める点でしょう。バネのみを交換するので、交換部品も少なく、作業時間もそれほどかかりません。とりあえず○○cmだけ車高を下げたいというような方にはおすすめです。デメリットとしては、減衰力などの調整等は一切できない点です。サーキットを走るわけでもなく、とりあえず車高を下げる事だけが目的であればおすすめです。

車高調整式サスペンションとは?

車高調整式サスペンションは、サスペンションのストローク量はそのままに減衰力や車高を調整できるショックアブソーバーとスプリングが一体となっているサスペンションの事です。減衰力を変える事で足廻りの硬さを調整でき、乗り心地を変えずに車高を変更できる点が特徴です。細かくセッティング可能な分、価格も高価ですが、自分の用途や好みに合わせて車高を調整できる点は車高調式サスペンションの大きなアドバンテージです。

車高調整式サスペンションのメリット

車高調整式サスペンションのメリットは、車高や減衰力(足廻りの硬さ)の調整ができる点です。もちろん、ローダウンスプリングもその構成部品の1つです。通常はスプリングと共に調整可能なショックアブソーバーが配置されています。自分の走行に合わせて調整ができるという点はスプリングの交換だけでは得られない効果です。

ローダウンスプリング・車高調整式サスペンション交換時の注意点

ローダウンスプリングへの交換や、車高調整式サスペンションへ交換することで車高を変えた際には、ホイールアライメント調整が必要になると言えます。サスペンションはその構造上、車高を下げた場合にタイヤの取付角は内側に傾きます。前から見た時に「ハ」の字になる状態です。タイヤの接地面積が小さくなるため、走行が不安定になるだけでなく、タイヤの片減りにも繋がり、路面との抵抗が小さいためにスリップの危険もあります。スプリングやサスペンションの交換作業は自分でできても、アライメント調整は専門の知識や専用の機器が必要になります。ローダウンスプリングと車高調整式サスペンションのメリット・デメリットを把握した上で、自分に最適なものを選ぶためにも、専門店やプロに相談し作業を依頼する事をおすすめします。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.