サスペンション・足回りパーツ取付[2018.08.29 UP]

失敗しないドライブシャフトの交換方法とは

車の車庫入れする際など、ハンドルをすえ切りして動かすと足回りからカタカタという異音がすることがあります。これはドライブシャフト内部のベアリングが損傷している可能性があります。ドライブシャフトは、車が走行する上でとても大切な部品です。そのため、何か走行上に問題があれば、早いタイミングで交換する必要があります。そこで今回は、ドライブシャフトの交換方法について解説します。

ドライブシャフトの役割と仕組みとは

ドライブシャフトの役割と仕組みとは

ドライブシャフトというのは、エンジンがつくり出す動力を駆動輪に伝達するパーツのことです。走行時は常に回転していて、路面の凹凸に合わせ上下しながら駆動輪に動力を伝えます。そのため、ドライブシャフトもローラーベアリングやボールベアリングを使い、駆動輪の高い負荷に対する耐久性を備え、可動する仕組みです。

ドライブシャフトが壊れることのデメリットとは

ドライブシャフトに不具合が出ると、多くの場合はカタカタ、ガタガタと異音がはじまります。そのうちに駆動輪にうまく駆動力が伝わらなくなり、走りが不安定になりますが、必ずしも誰もがすぐ気づくほどの異常が出るというわけではありません。最悪の場合は、ドライブシャフトジョイント部が焼き付いてしまったり、突然折れてしまい走行不能になってしまうこともあります。折れるまで、放置しておくことは非常に危険ですし、修理費用が高くなってしまいます。異音が発生した段階で、すぐに点検・修理することをおすすめします。

ドライブシャフトを取付ける時の一般的な流れと注意点について

ドライブシャフトは、以下のような手順で交換します。

1.ジャッキアップして、しっかりとジャッキスタンドをかけます
2.タイヤを外して、ハブ側のセンターナットを外します
3.ドライブシャフトが抜ける状態になるまで、サスペンションパーツを外していきます
4.ドライブシャフトを外します
5.反対の手順で新しいドライブシャフトを取付けます

ドライブシャフトは、駆動力をタイヤに伝える大切なパーツです。交換作業はジャッキアップして行わなければならないため、慣れていないと危険です。また、実作業には専門知識や特殊工具も必要となります。以上のようなことから、ドライブシャフトを交換する場合は専門家に依頼することをおすすめします。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.