サスペンション・足回りパーツ取付[2018.08.29 UP]

サスペンションが硬いと感じるとき、柔らかく乗り心地を良くする方法とは?

サスペンションが硬いと、長時間の運転や家族を連れたドライブでは困ることがあります。だからと言って複数の車を所有したり、新しい車に買い替えることができない場合は、サスペンションの硬さを変えるしかありません。そこで今回はサスペンションを柔らかくして、乗り心地を良くするにはどうすればいいかをご説明します。

そもそも、車のサスペンションの硬さを変えることで、乗り心地は変化するの?

そもそも、車のサスペンションの硬さを変えることで、乗り心地は変化するの?

サスペンションの硬さを変えると、路面から受けた衝撃や振動の吸収の仕方、コーナリング時の挙動、走行時の安定性などがすべて変わることになります。そのため、当然ながら乗り心地は大きく変化することになります。

硬いとどういう乗り心地になる? 柔らかいとどういう乗り心地になる?

サスペンションが硬いとどういう乗り心地になるかというと、段差がある路面を通過する際は、小さいながらも衝撃を感じます。コーナリングや車線変更をする際は、横に振られることが少なくなり安定感を感じることができます。反対にサスペンションが柔らかい場合は、路面からの衝撃や振動をソフトに吸収し、体感的には乗り心地の良さを感じるでしょう。コーナリングや車線変更をする際は、硬いサスペンションと比べると、横に振られる感じがして安定感は多少損なわれます。

車のサスペンションの硬さを、柔らかくするには、どうしたらいい?

サスペンションを柔らかくするには、スプリングをバネレートの低い柔らかいものへ交換し、ダンパーの減衰力を弱めて上下運動の収束をゆっくりにする方向に調整します。ただし、スプリングのバネレートとダンパーの減衰力のバランスがとれていないと、車がおかしな挙動をする(段差を越える時にはねてしまったり、上下運動がなかなか収まらない)ようになってしまうので注意が必要です。車の乗り心地を良くするためには、ただサスペンションを柔らかくすればいいというわけではありません。スプリングと減衰力のバランスやドライバーの好みも重要になります。専門家のいる整備工場や専門店でしっかりと相談してセッティングすることをおすすめします。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.