サスペンション・足回りパーツ取付[2018.08.29 UP]

車をローダウンした際に起こるタイヤ偏摩耗の解消(アライメント調整)方法とは

見た目がスタイリッシュになることから、ローダウンした車をよく見かけます。ところがローダウンすることによってタイヤの偏摩耗などのデメリットが発生してしまうことは知らない方も多いようです。そこで今回は、ローダウンした際にタイヤが偏摩耗を起こさない調整方法について解説します。

そもそもローダウンとは車をどういう状態にすること?

そもそもローダウンとは車をどういう状態にすること?

車をローダウンするというのは、車高を低くするという意味です。車高を低くするためには、サスペンションを純正のものからストロークの短いものに交換したり、車高調サスペンションを装着して車高を低くするなどの、いくつかの方法があります。他にもエアサスペンションを装備している車なら、エアサスコントローラーを使って簡単に車高を低くすることが可能です。

車をローダウンした際にタイヤの偏摩耗が起こるのは何故?

ローダウンした車でよく起こる偏摩耗は、ローダウンすることによってタイヤのキャンバー角とトー角に狂いが生じることによって起こる現象です。キャンバー角というのは、車を前後方向から見た場合の路面に対するタイヤの角度のことを言い、車高がノーマルの場合、タイヤはほぼ真っすぐになっていますが、ローダウンすると車軸も下がるため、どうしてもタイヤは上部が内側に傾いてしまいます。そのためタイヤは内側がより多く摩耗してしまいます。トー角というのは、車を上から見た際の進行方向に対するタイヤの角度で、タイヤの前の方が内側に入り込むことをトーインと言い、外側に出ることをトーアウトと言います。ローダウンした車のタイヤは、そのままではトーインかトーアウトのどちらかになります。どちらにしてもこのままの状態で車を走らせると、タイヤは斜めに引きずられるような状態になるため、やはり偏摩耗してしまいます。

ローダウンによるタイヤ偏摩耗を解消するにはどうすればいい?

ローダウンによるタイヤの偏摩耗を解消するためには、キャンバー角とトー角を適正な角度に調整する必要があります。この調整はアライメント調整と言い、調整・測定用の機材と技術者がいなければ行うことができません。ローダウンした場合は、アライメント調整の設備を備えた整備工場で早めに調整することをおすすめします。四輪すべてのアライメント調整を行い、キャンバー角とトー角を適正値に設定することで、ローダウンによるタイヤの偏摩耗は解消されます。ローダウンした時のタイヤの偏摩耗対策に有効なアライメント調整ですが、ローダウンしていなくてもキャンバー角やトー角、キャスター角などは、段差の乗り上げや路肩へタイヤを強くぶつけてしまうことで、微妙なずれが簡単に生じてしまいます。わずかなずれでも、車の燃費や直進性に悪影響を与えていることがあるため、何か思い当たることがある人は、一度アライメント調整を行ってみることをおすすめします。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.