サスペンション・足回りパーツ取付[2018.08.29 UP]

車高調を組んだ際に起こる突き上げの原因と改善・解消方法

車高調は、簡単に車高やサスペンションの硬さ、乗り心地を変えることができる便利なサスペンションです。ただし、自分にあったセッティングにしておかないと、かえって突き上げを感じる乗り心地の悪い車にしてしまう可能性があります。そこで今回は突き上げが起きてしまう、原因と改善・解消方法をまとめてみました。

車高調の突き上げはどんな時に起こるのか?

車高調の突き上げはどんな時に起こるのか?

車高調の突き上げは、路面の段差や継ぎ目、マンホール蓋の上などを通過する時や、下り坂から平坦な路面へ荷重が変わる時などに起こります。通常、サスペンションがうまく機能していれば、わずかな段差や継ぎ目などによる衝撃は吸収してくれて、強い振動や衝撃を感じたり、大きな音がしたりということはありません。ところが、車高調が適正にセッティングされていないと、わずかな段差や継ぎ目でも突き上げが起きてしまうのです。

車高調からの突き上げを放置しておくとどんなリスクがある?

車高調から突き上げがあるということは、スプリングのバネレートが高すぎるか、ショックアブソーバーの減衰力が高すぎることが考えられます。酷い突き上げを感じる場合は、サスペンションにかなりの負担がかかっていることになり、単に乗り心地が悪いというだけではなく、車の足周りやボディ全体に歪みが生じるなど何らかの不具合を引き起こす可能性があるため注意が必要です。

突き上げの改善・解消方法とは?どの部分にどういった対処をすればいい?

車高調からの突き上げを改善するためには、いくつかの方法を試して自分に最適なセッティングを見つけることが大切です。主なポイントを挙げてみますので、ぜひ試してみてください。

・減衰力調整機能を使って減衰力を調整する(弱める)
・スプリングのバネレートを変更する(下げる)
・スプリングのプリロードを調整する(下げる)
・サスペンションのストロークが適正か確認する
・車高調自体に不具合がないかどうか確認する

走っていて突き上げを感じるなど、車の乗り心地を悪くしている原因として、タイヤが影響している可能性もあります。車高調をチェックする前に、まずタイヤの空気圧が適正値かどうかもチェックをしてみましょう。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.