サスペンション・足回りパーツ取付[2018.08.29 UP]

車高調から異音がする原因と対策方法とは

車高調(車高調整式サスペンション)は、車高やサスペンションの硬さを用途や目的に合わせて調節することができ、扱い方を知っていればとても便利なサスペンションです。そのためサスペンションのアフターパーツの中でも人気のある種類ですが、車のパーツの中でも最も酷使される箇所なので、不具合が起きた際は一層不安を感じる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、車高調から異音が聞こえてきた場合の原因と対策方法について解説します。

車高調から異音がする原因

車高調からの異音には、さまざまな原因が考えられます。その中でコトコト、ガタガタ、ギシギシ、ギーギーというふうに聞こえる異音は、以下のようなことが主な原因として発生します。


・取付部分の緩み
・スプリングの遊び
・ダンパーと車体の干渉
・スプリングとダンパーの干渉
・スプリングとダンパーとの間への異物混入
・各部品の磨耗、劣化など
・ダンパー内部のオイルの劣化や不良

ガンッ、ゴンッという音がする場合の原因としては、以下のようなことが考えられます。

・ダンパーが伸びきっている
・ダンパーが底付きしている
・車体同士が干渉している

車高調は、路面からの衝撃や振動を緩衝するための非常に重要なパーツです。そのため、異音を感じたら放置せず、速やかに原因の特定をし、対策を講じることが重要です。

車高調から異音がした場合の対策

コトコト、ガタガタ、ギシギシ、ギーギーというふうに聞こえる異音がする場合は、各部の取付部分に緩みがないか、ダンパーと車体、ダンパーとスプリングなどの干渉がないか、ダンパーとスプリングの間に異物が挟まっていないか、各部品の磨耗、劣化などがないかなどを点検し、不具合を改善してください。また、ダンパーに劣化がある場合は、リフレッシュのためのオーバーホール作業も有効な手段です。但し、これはオーバーホール可能な製品にのみ可能です。ガンッ、ゴンッという音がする場合、ダンパーが伸びきっている場合は車高を下げ、ダンパーが底付きしている場合は、車高を上げる(ショックアブソーバのストローク量を確保する)必要があります。ダンパーが車体と干渉している場合は、車高調のケース長を伸ばすなど適切な長さにすることで改善します。但し、作業には専門知識や工具も必要となり、危険な作業も伴うため、専門工場へ依頼することをおすすめします。大きな段差を通過したときなどに、車高長からシュッシュッ、キュッキュッという音が聞こえることがあります。この音はほとんどの場合、ダンパー内部のオイルが正常に移動する際に発する音なので問題はありません。普段から車が発する音に注意して、異音がないか注意することで、車高調の持つ本来の機能を長く維持することができます。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.