サスペンション・足回りパーツ取付[2018.08.29 UP]

サスペンションのダストブーツが破れた場合の交換について

サスペンションのダストブーツが破れた場合の交換について

定期点検の際にサスペンションのダストブーツの破れを指摘されることがあります。このダストブーツは、重要なパーツのわりに、破れっぱなしにしているというドライバーもいるようです。しかし、果たしてそれで大丈夫なのでしょうか。今回は、サスペンションのダストブーツが破れた場合の問題点や、その交換方法などについて見ていきましょう。

サスペンションのダストブーツの役割とは?

サスペンションのダストブーツは、ショックアブソーバーのシリンダー内を行ったり来たりするロッドと、そのロッドとシリンダーの接合部にあるオイルシールを保護する役割を果たしている蛇腹のカバーです。車のタイヤが走行中に巻き上げる砂やホコリ、小石などによって、ロッドやオイルシールが傷ついたり、劣化するのを防いでいるのです。

ダストブーツが破れるとどういうこと(デメリット)が起きるの?

ダストブーツが破れると、むき出しになったロッドやオイルシールに、砂やホコリが付着しやすくなってしまいます。ロッドなどに付着した砂やホコリは、オイルシールを劣化させ、オイル漏れを誘発します。そして、最終的にはショックアブソーバーの寿命を縮めてしまうことになります。車検時に、下回りの各種ブーツ(ドライブシャフトブーツ、ステアリングラックブーツ、タイロッドエンドブーツなど)は、厳しくチェックされる部分です。しかし、サスペンションのダストブーツは重点的に検査されるわけではないため、見逃されることも多いようです。

サスペンションのダストブーツが破れる原因とは?

ダストブーツは、車の走行中は車の動きに併せて常に動いています。そのため飛び石が勢いよく当たるというような特別なことがなくても、経年劣化のため車が2度目、3度目の車検を迎える頃には、破れてしまうケースが多いようです。

サスペンションのダストブーツの交換に必要な作業・流れ

サスペンションのダストブーツを交換するためには、ショックアブソーバーを取り外して、古いダストブーツを新しいものに交換し、再度ショックアブソーバーを取付けるという作業が必要になります。そのため、ジャッキアップをして、まずタイヤを外すことから始まります。サスペンションのダストブーツの交換は、かなり手間のかかる作業です。そのため業者に依頼しても、部品代は安いにもかかわらず交換費用はそれなりにかかってしまう作業です。交換作業には脱着の専門知識以外にも危険が伴うため、専門家へ交換作業を依頼することをお勧めします。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.