サスペンション・足回りパーツ取付[2018.08.29 UP]

デフ(ディファレンシャルギア)から油漏れした際の原因と修理方法

デフ(ディファレンシャルギア)というのは、車が曲がるときに生じる左右の車輪の回転差を調整する差動装置です。車がカーブをスムーズに曲がるために大切な役目を果たしている極めて重要な部品と言えます。今回は、そのデフからの油漏れに気づいた場合、どう対処したらいいのかということを考えてみます。

デフから油が漏れているとどういう危険性があるのか?

デフから油が漏れているとどういう危険性があるのか?

デフオイルはディファレンシャルギアをスムーズに働かせるための潤滑油です。その潤滑油がなくなってしまうと、ギアからの異音や発熱、スムーズにカーブを曲がれない、直進性が損なわれるなどの不具合が生じ、ギアがスムーズにかみ合わないばかりか、最悪ギアの破損に繋がります。このような場合、いきなり走行不能になることもあるため、オイル漏れをそのままにしておくことは非常に危険です。しかもデフオイルはエンジンオイルと異なり、オイルの残量や汚れを簡単に確認できない構造から、見過ごしてしまいがちです。デフからの油漏れを発見した場合は、すみやかに修理工場に持ち込んで対処することをおすすめします。

デフオイル漏れの原因は?

デフオイル漏れの原因として考えられることはいくつかありますが、代表的なものを3つあげておきます。

1.飛び石や突起物などでデフケースを破損
2.ゴム製のオイルシールの劣化
3.デフオイルの入れ過ぎ

デフからの油漏れを修理する際の注意点

デフのオイル漏れが見つかった場合は、少量の滲み程度であってもきちんと対策をとる必要があります。また、デフオイルは、それほど頻繁に交換する必要はありませんが、オイルの汚れや経年劣化によってギアが破損することがあります。可能であればデフ全体の洗浄やオイルを含め点検も合わせて行っておくと安心です。デフオイルの交換作業は、ジャッキアップ作業を伴うため、できれば洗浄や点検も合わせて行えるような、信頼できる整備工場に依頼することをお勧めします。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.