その他パーツ持込み取付[2018.08.29 UP]

社外パーツをディーラーに持ち込みしてもいいのか

自分のカーライフに合わせてエアロパーツやアルミホイール、カーナビやオーディオ、マフラーやインテリアなど、さまざまなパーツを選んで取付けていくことは、マイカーを持つ人にとって大きな楽しみのひとつと言えます。パーツの取付に関することでしばしば問題となることがあります。それは、取付けたいパーツが社外パーツだった場合、取付作業やメンテナンスをディーラーにお願いしてもいいのかということです。そこで今回は、ディーラーで社外パーツを取付ける際の注意事項についてまとめてみました。

純正品ではない社外パーツをディーラーに持ち込んでもいいのか

純正品ではない社外パーツをディーラーに持ち込んでもいいのか

ディーラーが社外パーツの取り扱いについてどう考えるかは明確な取り決めはありません。まず、依頼する社外パーツの種類によって対応が変わります。その社外パーツがきちんと取付けることが可能か、そのパーツを取付けることによって2次的な不具合の原因になる可能性がないかなど、何らかの問題が考えらえる場合は、ディーラーでは取付やメンテナンスを断られることがあります。また、ディーラーによってはユーザーに対して不公平にならないように、一律社外パーツの取付を断っているディーラーもあります。

ディーラーに持ち込まない場合、どこに依頼できるのか

社外パーツをディーラーに持ち込まない場合は、点検や整備、修理などを行う信頼できる民間工場に依頼するのが一般的です。また、社外パーツを購入する際に、取付まで引き受けてくれるところで購入したり、取付工場を紹介してもらうという方法もあります。

純正品でないものを使う際の注意点

社外パーツを使う場合、走行時の安全性を損なったり、車に過度の負担がかかったりしないか十分に注意する必要があります。カーナビやオーディオ、インテリアパーツなどはそれほど問題はありませんが、足回りやエアロパーツなどは、安全性を損なったり、走行に支障をきたす可能性もあります。また、社外パーツの中には、取付けることによって車検に通らなくなってしまうものもあるので注意が必要です。純正品ではない社外パーツを取付ける前には、規格に沿ったものか、自分の車に適合するものなのかなどを含め、十分に確認することをお勧めします。社外パーツをディーラーに持ち込む際にトラブルとなることを避けるためには、いきなり社外パーツを持ち込むのではなく、事前に相談してみることをおすすめします。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.