サスペンション・足回りパーツ取付[2018.08.29 UP]

デフ(ディファレンシャルギア)の洗浄(掃除)のメリットとは

車を運転している方ならエンジンオイルの汚れには気をつけていると思いますが、車が大好きで大切にしている方であればデフ(ディファレンシャルギア)オイルなどにも注意を払い、定期的に交換しているのではないでしょうか。ところがもう少し踏み込んで、デフの洗浄まで行っている人となると、ぐっと人数が減ってしまうようです。そこで今回は、デフを洗浄するメリットやその方法について見ていきましょう。

デフを洗浄するメリットは?

デフを洗浄するメリットは?

デフオイルはエンジンオイルほど頻繁に交換するオイルではありません。しかし、だからと言ってあまり気を使わなくてもいいというわけではありません。デフオイルが汚れてくると、デフの中の歯車が滑らかに作動せずに欠けてしまうなど、スムーズにデフが機能しなくなる可能性があります。そうするとカーブをスムーズに曲がらなくなるだけでなく、直進性も悪くなってしまいます。そこでオイルの交換が必要になるのですが、デフオイルをただ交換するだけだと鉄粉などの不純物が残ってしまうことがあり、せっかくオイルを交換したのにあまり効果が感じられないということになってしまいます。

オイルを交換するなら、やはり洗浄まできちんと行った方が良いと言えます。

ディファレンシャルギアはどう洗浄すれば良いのか?

デフの洗浄は、以下のような手順で行うのが一般的です。

1.デフに市販の洗浄剤(フラッシング剤などデフの洗浄に使える物)を入れます。
2.洗浄剤の説明に従って、車を動かしたり、時間を置いたりします。
3.デフオイルを抜きます。
4.新しいオイルを入れます(この時、新しいオイルを多めに使って、古いオイルや洗浄剤を洗い流してしまうことが大切です)。
5.排出口のドレンプラグやそそぎ口のフィラープラグの汚れもきれいに落としておきます。

デフを洗浄する際の注意点

通常のデフであれば洗浄の仕方は基本的に同じですが、スポーツ系の車に装備されているLSD(リミテッド・スリップ・ディファレンシャル)には、様々な方式の物があります。中には、ほぼメンテナンスフリーの物があるなど、扱い方が異なるため注意が必要です。また、デフの洗浄やデフオイルの交換は自分で行うこともできますが、ジャッキアップや専門工具が必要となってくるなど、簡単な作業ではありません。あまり自信がないという場合は、無理せず信頼できる整備工場に頼んだ方が安心です。車を安全に走行させるためにも、デフとデフオイルは清潔な状態に保つようにしましょう。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.